カテゴリ:日本道観 被害を超えて ( 28 )

 

地震の震度による「人の体感・行動」

地震の震度による「人の体感・行動」というものが気象庁HPに載ってます。

震度は、ある場所での地震による揺れの強さを表しているそうです。

震度0 
人は揺れを感じないが、地震計には記録される

震度1
屋内で静かにしている人の中には、揺れをわずかに感じる人がいる。

震度2
屋内で静かにしている人の大半が、揺れを感じる。眠っている人の中には、目を覚ます人もいる。

震度3
屋内にいる人のほとんどが、揺れを感じる。歩いている人の中には、揺れを感じる人もいる。眠っている人の大半が、目を覚ます。

震度4
ほとんどの人が驚く。歩いている人のほとんどが、揺れを感じる。眠っている人のほとんどが、目を覚ます。

震度5(弱)
大半の人が、恐怖を覚え、物につかまりたいと感じる。

震度5(強)
大半の人が、物につかまらないと歩くことが難しいなど、行動に支障を感じる。

震度6(弱)
立っていることが困難になる。

震度6(強)
立っていることができず、はわないと動くことができない。揺れにほんろうされ、動くこともできず、飛ばされることもある。
[PR]

by iwakidokan | 2012-03-21 09:35 | 日本道観 被害を超えて  | Trackback | Comments(0)  

メキシコでM7・6の地震発生

メキシコ南部で20日午後0時2分(日本時間21日午前3時2分)ごろ、マグニチュード(M)7.4の地震があったそうです。
南部では多数の住宅が損壊してるそうです。
[PR]

by iwakidokan | 2012-03-21 09:22 | 日本道観 被害を超えて  | Trackback | Comments(0)  

日本道観 - 東日本大震災の被害を超えて

日本道観 - 東日本大震災の被害を超えて みんなの輪

水がない、食糧がない、電話がつながらない、ガソリンがない。

更に情報も入らない、いったい周辺がどうなっているかもわからない。

ない・ない・ないの状況でした。

震災直後日本、世界からたくさんのエールをいただきました。

日本道観でも、全国の会員さんから何かできることはない、何かあったら言ってくださいとたくさ
んのお声をいただき、避難所へ90世帯分の生活用品、学校へ本という形でみなさんのお気持ちをお届けさせていただきました。
みんなが応援してくれてます。

今日、復興への力強い一歩を踏み出しましょう。
[PR]

by iwakidokan | 2012-03-11 11:54 | 日本道観 被害を超えて  | Trackback | Comments(0)  

日本道観 - 東日本大震災の被害を超えて・・・今日で丸一年

日本道観 - 東日本大震災の被害を超えて・・・今日で丸一年

今日は、静けさに包まれた朝を迎えております。
いわき市の海岸では、約1500人が手をつないで朝日に向かって犠牲者の鎮魂の祈りを捧げたそうです。
午後2時35分から追悼の祈りと復興の誓いの式典が行われます。

みんなで復興に向かって力強く歩む決意を世界のみなさんへ発信しましょう。
[PR]

by iwakidokan | 2012-03-11 11:34 | 日本道観 被害を超えて  | Trackback | Comments(0)  

全国からたくさんの本が集まりました

日本道観いわき<道>学院の会員さんが、学校を回り「本が不足している」とお話をお聞きしました。

その話を全国の会員さんへ連絡したところ、北海道から九州までの会員さんが沢山の子ども用の本を寄付してくださいました。
軽トラック山盛りになり量でした。
中には家に子ども用の本がないので、図書券で購入して寄付してくれる会員さんもおられました。

みんなのお気持ちが強く伝わり本当に感動でした。

子ども達の笑顔で本を読んでいる写真をいただき、子ども達の作文をいただき心が熱くなりました。

子ども達の笑顔がたくさん増えるようこれからも応援したいと思いました。
[PR]

by iwakidokan | 2012-03-11 02:43 | 日本道観 被害を超えて  | Trackback | Comments(0)  

海外からの応援

数年前台湾が大型台風で大きな被害を受けた時に、日本道観が義援金を集いお渡ししました。
今回の震災の時に、その台湾の子ども達が今度は「ぼくたちが助けよう」とみずから義援金集めが始まったそうです。

大切な義援金を備品の形でお贈りした小学校、中学校の子ども達は、遠く海外から自分たちのことを応援してくれている仲間がいることを知り、とても心強く思いましたと話しておりました。

震災がきっかけに、同じ経験をした者通し台湾と日本の子ども達の交流が続いたらいいなと思いました。
[PR]

by iwakidokan | 2012-03-11 02:31 | 日本道観 被害を超えて  | Trackback | Comments(0)  

開運クッキーに感謝

日本道観はもえぎ台の子供会を通しペットボトルのお水を各家庭へ配っていただきました。
日本道観の地元の町内会会長と連絡をとり子供会の組織を使いみんながひとつになって、子ども達へ安全な水を飲ませてあげたい思いでした。

その時に、日本道観オリジナルの作ったばかりの開運クッキーがたくさんありました。
16穀米入りのとてもおいしく栄養あるクッキーです。
子ども達へお水と一緒にすべて渡していただきました。

避災を受け食べ物もない時に開運クッキーがあり数日食べて過ごしたお話も聞きました。

開運クッキーのおかげでたくさんの子ども達、大人が助かりました。
[PR]

by iwakidokan | 2012-03-11 02:16 | 日本道観 被害を超えて  | Trackback | Comments(0)  

「東日本復興のシンボル」

いわき市が公募した「小名浜港背後地(都市センターゾーン)開発事業協力者募集に、イオンモール株式会社が選定されました。

「小名浜港背後地開発ビジョン」において都市センターゾーンとして位置付けられております。
計画地南側には、アクアマリンふくしま、いわき・ら・ら・ミュウ、小名浜美食ホテル、小名浜潮目交流館からなるアクアマリンパークがあり、年間約250万人が訪れる福島県屈指の観光地となっております。

震災復興のシンボルになるよう頑張ってほしいですね。
[PR]

by iwakidokan | 2012-03-11 01:56 | 日本道観 被害を超えて  | Trackback | Comments(0)  

みんな頑張れ

いわき市の吉田浩教育長は1日、東日本大震災で被災した小・中学校、幼稚園の平成24年度からの再開方針を発表しました。
現在、他校などを間借りしている5つの学校などのうち、3つが自校で再開するそうです。
自校で再開するのは豊間小、永崎小、四倉中の3校。このうち、四倉中は3年生だけが既に戻っているそうです。
現時点で、豊間小は高久小、永崎小は江名小、四倉中は四倉小を間借りしています。
津波の被害が大きかった豊間中は現在の藤間中から移動し、豊間小の空き教室で再開するそうです。

昨年、日本道観は、豊間小、永崎小、四倉中、豊間中の4校へ体育用具、保健室備品、拡大機、裁断機、カーテンなど復興に必要な備品を贈りました。

日本道観が台湾の小学校の子ども達が自主的に集めた大切な義援金をお預かりし、日本道観の義援金を合わせてお送りしました。

4校にお伺いし備品をお贈りしましたら子ども達から、自分達の元気が地元の元気につながるので元気に頑張りますと力強い言葉をいただき頑張れとエールを送りました。

新年度から再開、ますます元気に頑張ってください。
みんなの元気が地元の元気です。
応援してます。
[PR]

by iwakidokan | 2012-03-11 01:10 | 日本道観 被害を超えて  | Trackback | Comments(0)  

「3.11いわき追悼の祈りと復興の誓い2012」を開催

平成24年3月11日(日) 午後2時35分~(午後5時頃終了予定)

いわき芸術文化交流館アリオス 大ホール(いわき市平字三崎1番地の6)

世代を超えて震災の記憶を伝えつつ、復興に向かって力強く歩む決意を内外に発信するため、
「3.11いわき追悼の祈りと復興の誓い2012」

いわき平野球場で10日、東日本大震災の犠牲者を追悼し復興を願う「祈りのつどい」が開かれ、
ろうそく約3000本で「祈 3・11」の文字が浮かんだそうです。
[PR]

by iwakidokan | 2012-03-11 00:28 | 日本道観 被害を超えて  | Trackback | Comments(0)