「一個人」2018年6月号 『下流の勧め ~人生を最高に生きる 老子の言葉』

こんにちは。
道家<道>学院 いわき道学院です。
 

初夏の日差しを受け、木々の緑がグングン育っています。

 

間もなく来る梅雨の長雨も

恵みと考えれば、感謝の気持ちが湧いてきますね。

 

道家道学院 早島妙聴学長による連載コラムのお知らせですビックリマーク

  


月刊誌「一個人」 2018年6月号

『人生を最高に生きる老子の言葉』 Vol. 33

  

老子 第61章 「大国は下流なり」から

現代の私たちの生き方を学びます。


**********************************

 

大圀者下流。
~大国は下流なり~

 

読んで字の如く、大国というものは川の下流、

つまりすべての川が注ぎ込む

大海のようであると説いています。

大きな力のある国には、

自然に人や物が流れ込んで来るからです。

 

<大海になろう>

  

本当に人に信頼されて、

社会や会社で上に立つ人というのは、

常に人の話に耳を傾け、学ぶ心を忘れず、

驚くほど、腰が低い謙虚な方が多いものです。

大勢の中にいても偉ぶらないし、

受け入れも深いので、

自然にその人の周りに人が集まるようになります。

 

まさに多くの川が流れ込む大海のような人、

つまり徳のある人です。

 

私達も年を重ねる事で

身に付く目に見えない大切な財産として、

そんな大海のような徳を備える事が出来たら素敵ですね。

そうすれば、人生の最晩年まで

豊かで楽しい生涯現役の日々を

過ごす事が出来るでしょう。


**********************************




道家道学院 特設サイト⇒「生きるタオ」で、

コラム全文をお読み頂けます。

 

「生きるタオ」サイトでは、

日々の生き方のヒントになる老子の言葉を、

テーマ毎にまとめていますので、

ぜひご覧ください。 
 



[PR]

by iwakidokan | 2018-05-28 11:33 | 雑誌広告・コラム | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://nihondokan.exblog.jp/tb/26830947
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 水戸にて6月開催!「気のトレー... いわき市で習える!『気のトレー... >>