10月のおすすめ書籍 ☆ 『定本「老子道徳経の読み方』☆この世に役に立たないものは何一つ無い

こんにちは。
道家<道>学院 いわき道学院です。
 

10月も半ばを過ぎ、寒い日も多くなってきましたね~
晴れた日は空が高く澄んで、秋が一層深まってきたのを感じますもみじ
昔から日本で親しまれてきた秋の花の代表「菊」
今頃の秋晴れは「菊日和」と呼ぶそうです。
日本には季節を表す様々な言葉があってステキだなと思います。
 

さて秋と言えば「読書の秋」。普段はあまり本を読まないけれども

秋の夜長は、じっくりと心落ち着けてハードカバーを

読んでみたくなる、そんな方も多いのではないでしょうか。

  

実践の哲学 老子 について本格的な書物を手に取ってみたい・・・

そんな方に、道家道学院のウェブショップ 早島BOOK SHOPより

おススメの一冊を紹介いたします。

 

 

老子の言葉の中でも 『上善は水の如し』と並んで

有名な 『無用の用』。


『定本「老子道徳経」の読み方』 から、一部ご紹介します。


+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。。+

 

「定本「老子道徳経」の読み方」11章-無用の用


■ 世の中にはいろいろな人がいる、それが自然

 

人間には背の高い人もいれば、低い人もいる。
太った人もいれば、痩せた人もいる。

勉強や仕事ができる人もいれば、苦手な人もいる。

かつて旋盤を使わせたら名人といわれた人も、
コンピュータ時代になれば役立たずだ。

人間の決める評価なんて、そんなものなのだ。

そこに気がつき、自然の流れに沿って生きることができれば、

その人の人生は最高に幸せだ。

早島妙聴解説「無用の用」


難解と言われる老子道徳経を現代人にもわかりやすく訳した
「定本「老子道徳経」の読み方」
その解説を早島妙聴学長が行いました。
あわせてご覧いただくと理解が深まります。


■この世に役に立たないものは何一つ無い

日常役に立たないと思われている物や人でも、
この世の中に存在するものが、すべて意味があり、
役に立つとか立たないとか、ちっぽけな判断を
人間がすることそのものがまちがっているのです。

宇宙はすべてのものをこの世に生みだし、
それに優劣をつけなかったのです。
そしてすべての存在に意味があり、
すべての存在が生かされているのです。
もちろん、あなたもその一人なのです。


+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。。+


 

 

人生を最高に生きる81章がここにある
早島天來(正雄) 著
刊行の言葉 : 早島妙聴
解説 : 林中鹏
定価(税抜)10,000円
出版社:日本道観出版局


★ ご購入は ⇒コチラから

  

秋の夜長、じっくりと老子を学んでみてはいかがでしょうか。
 
+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。。+


by iwakidokan | 2018-10-17 13:32 | 書籍のご案内/読書感想 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://nihondokan.exblog.jp/tb/27168960
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ☆ 待望の新刊発売☆ 親子で学... 10月24日(水) 水戸にて開... >>